Top設備・施行の資格>電気工事士
Contents
資格ジャンル別
語学系資格
PC・情報処理系資格
企業内スペシャリスト資格
国際ビジネス関連資格
独立・開業できる資格
結婚・出産後に強い資格
医療・福祉関連資格
調理・料理の資格
インテリア・建築関連資格
設備・施工の資格
自然・動物関連資格
スポーツの資格

電気工事士

資格手当てがある場合、
月額

約5000円〜
主催団体・・・(財)電気技術者試験センター本部事務局

電気工事に従事する人のための代表的資格。工事会社勤務から独立開業まで広く活かせる


電気工事士とは、住宅や店舗、工場などの電気工事に従事する技術者の資格で、扱える工事の範囲に応じて第1種と第2種に分かれています。2種が扱えるのは、住宅や店舗の屋内配線や照明器具の取り付けといった一般用電気工作物の工事のみですが、1種ではさらに最大電力500キロワット未満の需要設備の電気工事までを扱えます。1種を取得すれば、中小規模のビルや工場の屋内配線・受電設備配線などを含む、ほとんどの電気工事に従事することが可能です。

電気関係資格のなかでは珍しく、技能試験を採用しています。これも現場技術重視の表れです。実務直結の資格として、電気工事会社に勤務する人はもちろん、電気工事業を営もうとする人にも有効。また、電気工事のニーズは全国にあるため、地方での就転職にも役立てやすい。

受験資格 制限なし

1種・2種とも誰でも受験できる。

学び方 参考書・
問題集

参考書や問題集を使って独学するのが一般的。筆記試験はマークシート方式なので、過去問題を使って対策を立てるのが効果的。

取得期間の目安

3カ月〜
6カ月

受験を目的とした勉強期間の目安は3カ月〜6カ月。なお、1種は電気工事の実務経験3年〜5年のあと免状交付申請となる。

受験費用 5200円
(2種)

2004年度の受験手数料は1種8100円、2種5200円。このほか免状交付時に、所定の手数料が別途必要。

試験時期 6月
(2種筆記)

例年2種の筆記試験は6月、技能は7月に実施される。1種はそれぞれ10月と12月。インターネットでの申し込みも可能。

合格率 60.0%
(2種筆記)

2種筆記60.0%(2004年度)、1種筆記41.4%(2004年度)。

取得者の傾向

電気工事会社に勤務する技術者が多い。また電力会社などが一般社員向けに取得奨励するケースもあり、そのせいか近年女性取得者が増え始めている。



←戻る



Copyright © 2005 稼げる資格・特技の大辞典 All right reserved.
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO