TopPC・情報処理系資格>DTP検定
Contents
資格ジャンル別
語学系資格
PC・情報処理系資格
企業内スペシャリスト資格
国際ビジネス関連資格
独立・開業できる資格
結婚・出産後に強い資格
医療・福祉関連資格
調理・料理の資格
インテリア・建築関連資格
設備・施工の資格
自然・動物関連資格
スポーツの資格

DTP検定

派遣社員のDTPオペレーターとして働いて時給
1600円〜
主催団体・・・(社)日本経営協会 DTP検定事務局

職種に見合ったDTPの技能を評価。希望職種への転職にアピールする


DTPが活用されているのは、今や出版・印刷業界だけではありません。一般企業の企画職が作成するプレゼンテーションツールや、営業職が顧客に見せる販促ツール、事務職が配布する社内向けチラシなども、現在はDTPで作成されるケースが増えています。

そんな時代のニーズに合わせるように、99年8月からスタートしたこの資格は、職能別にI種からIII種まで3コース揃っているのが特徴。クリエイターから営業職まで、日頃の業務内容に合ったDTP技能を評価する資格です。

I種は、雑誌や書籍、カタログやパンフレットといった商業印刷物を作るのに必要な知識や技術を評価します。デザイナーやDTPオペレーターなどのクリエイターに向く内容です。II種は、商業印刷の進行を的確にディレクションするために必要なノウハウなどを問う内容。企業の広報職や企画職・編集者など、外注スタッフとの共同作業の多い人に向いてます。III種は、社内資料や企画書などの印刷物を、読みやすく訴求力のあるものに作成するための知識やノウハウを問うもので、一般企業の営業職や事務職などすべての人に適しています。それぞれの職種における作業環境を踏まえ、I種ではマッキントッシュを、II種ではマッキントッシュとウィンドウズ、III種ではウィンドウズが使用されるのも特徴になっています。


受験資格 実務経験
2年以上
(I種)

I種は実務経験2年相当以上か、所定のカリキュラムを修了していることが受験資格。II・III種の受験資格は制限なし。

学び方 協会指定スクール

協会がテストを行って技能を認定したインストラクターが、協会所定のカリキュラムに沿って指導。所定のスクールで学べる。

取得期間の目安 20時間

III種受験者が、協会認定のスクールで所定カリキュラムに沿って講習を受けた場合の目安時間。

受験費用 1万2000円
(I種)

I種の受験費用は1万2000円。II種は7000円で、III種は5000円となっている。

試験時期 2月、8月

試験は年2回実施。毎年、2月と8月の土曜日に実施される。

合格率 31.8%
(III種)

2004年8月に行われた第11回試験の合格率はI種45.5%、II種31.1%、III種31.8%。

取得者の傾向

デザイナー、企画職、営業職など職種に合わせてDTP技能をはかる検定だけに、その受験者もさまざま。クリエイターをめざす人の受験が目立つ。



←戻る



Copyright © 2005 稼げる資格・特技の大辞典 All right reserved.
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO