Top結婚・出産後に強い資格>フラワーデコレーター
Contents
資格ジャンル別
語学系資格
PC・情報処理系資格
企業内スペシャリスト資格
国際ビジネス関連資格
独立・開業できる資格
結婚・出産後に強い資格
医療・福祉関連資格
調理・料理の資格
インテリア・建築関連資格
設備・施工の資格
自然・動物関連資格
スポーツの資格

フラワーデコレーター

フラワースクール開業、
生徒1人あたりの平均月謝

5000円程度
主催団体・・・フラワーデコレーター協会

花のプロとして通用する技能と感性を認定する資格


フラワーデコレーター協会(FDA)が花の知識と技術を認定する民間資格。94年にスタートして以来、仕事に活かせる実践的な知識と技術の資格として、プロ志向の人の間で注目度は高い。資格は2級と1級。試験は各級とも理論と実技が行われます。実技試験ではあらかじめ使用花材を指定せず、デザイン・形態と本数のみを指定し、受験者自らが花材を選んで制作する形式。TPOに合わせて臨機応変に対応できる力が問われます。FDAの指定校・認定校などで花材の形態や組み合わせ、応用力、さらには花の水揚げや保管といった実用的な技能を身につけながら資格試験合格をめざすのがいいでしょう。

FDAではまた、花の色彩に関わるスペシャリスト資格として、フラワーカラーコーディネーター(FCC)ライセンス認定試験を2000年から実施。作品を制作する技術だけでなく、ニーズに合わせて花の色を組み合わせることができる力を審査します。たとえば、花束を贈るというケース。贈る相手のイメージを聞き出し、ぴったりマッチした花束をつくれることは、プロとして活動するうえで重要なファクターです。

これら2つの資格を取得後にめざせる場は、幅広い。フラワーショップはもちろん、ホテル、ディスプレイ会社、結婚式場などでは、FCCとしての専門知識を持ったフラワーデコレーターは不可欠です。結婚・出産後も花の仕事を続けたいなら、教室を開くという道があります。2級取得でFDA認定教室、1級でFDA認定校を開設でき、認定校になると花のアレンジメントだけでなく、2級受験者へのライセンス指導もできます。教室の開設にあたっては指導用マニュアル・カリキュラムの提供、リーフレットの提供や資材の割引販売などFDAがフォローしてくれます。

受験資格 18歳以上
など

2級の場合、FDA指定校または認定校でのレッスン経験がある者。上級受験には2級取得後FDA会員として1年以上在籍で19歳以上の者。

学び方 スクール、
通信講座

指定校のフローラ・アミおよび全国の認定校で学ぶ。受講料やカリキュラムなどはスクールにより異なる。認定校は全国に約280校。

取得期間の目安 6ヶ月以上

FDA指定校フローラ・アミで勉強した場合の2級取得への最短カリキュラムは6カ月。同校ではレッスン修了まで無期限で受講できる。

受験費用 1万500円
(2級)

受験料は2級1万500円、1級は2万1000円。合格後の登録認定料が2級3万1500円、1級は4万2000円。

試験時期 2月、6月、10月(2級)

2級は年3回実施。1級は年1回の実施。くわしい日程は問い合わせを。

合格率 約86%
(2級)

2003年の平均合格率。1級は約65%。試験会場は、認定校の場合は全国の各教室。指定校フローラ・アミは自宅での受験が可能。

取得者の傾向

習得した技術や知識を再確認して自らの自信につなげるという人から、教室の開設などプロ志向の人までさまざま。男女比は圧倒的に女性が多く、男性は1割程度。



←戻る



Copyright © 2005 稼げる資格・特技の大辞典 All right reserved.
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO