Top企業内スペシャリスト資格>販売士検定
Contents
資格ジャンル別
語学系資格
PC・情報処理系資格
企業内スペシャリスト資格
国際ビジネス関連資格
独立・開業できる資格
結婚・出産後に強い資格
医療・福祉関連資格
調理・料理の資格
インテリア・建築関連資格
設備・施工の資格
自然・動物関連資格
スポーツの資格

販売士検定

有資格者の資格手当
平均月額

5000円〜1万円
主催団体・・・日本商工会議所

モノの売れない時代を背景にニーズ増加中の資格


消費者の目が厳しくなっている今、販売員がいかに消費者の需要を察知して「サービス」という付加価値を提供できるかが、店や企業の収益に大きく影響します。取り扱っている商品についての正確な知識を持ち、商品陳列や接客技術を身につけることが大切です。

そこで注目されているのが、日本商工会議所が実施する販売士検定です。試験は1〜3級があり、3級は一般販売員、2級は売り場主任者、1級は経営者クラスを対象としています。2級と3級の試験はマークシート方式で、「商品知識」「販売技術」「接客マナー」など、それぞれ6科目、5科目。1級は、8科目の試験で記述方式の問題が出題されます。また、1級と2級では、面接試験も行われています。

受験資格 制限なし

2000年4月から、学歴や国籍などの制限がなくなり、誰でも受けられるようになった。

学び方 商工会議所の講習会

各地の商工会議所による養成講習会がある。また商工会議所指定スクールや日本販売士協会による通信講座もある。

取得期間の目安 約4カ月

3級の通信教育修了には約4カ月かかる。2級の場合は約6カ月。商工会議所主催の養成講座の受講期間は3級10日間、2級12日間。

受験費用 3570円

3級受験料。2級は5100円、1級は7140円。なお、日本販売士協会が実施する通信講座の受講料は3級2万円。

試験時期 7月、2月
(3級)

3級の試験時期。2級は例年10月に、1級は2月にそれぞれ行われている。

合格率 65.5%
(3級)

2004年7月に行われた試験の合格率。経営者レベルの1級は難易度が高くなり、合格率は10.2%。

取得者の傾向 3級は、受験者に占める女性の割合が半数を超え、学生の割合が約6割に。また、2級は学生の割合が半数を超えた。


←戻る



Copyright © 2005 稼げる資格・特技の大辞典 All right reserved.
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO