Top語学系資格>観光英語検定試験
TOEICで750点保証するソフト!点数に満たない場合全額返金します!
Contents
資格ジャンル別
語学系資格
PC・情報処理系資格
企業内スペシャリスト資格
国際ビジネス関連資格
独立・開業できる資格
結婚・出産後に強い資格
医療・福祉関連資格
調理・料理の資格
インテリア・建築関連資格
設備・施工の資格
自然・動物関連資格
スポーツの資格

観光英語検定試験

海外ツアーコンダクターの場合の日給
2万円〜
主催団体・・・全国語学ビジネス観光教育協会 観光英検センター

2級以上の取得が旅行業界へのアピールポイントに


日本政府は、経済活性化のために「観光立国」をめざしています。また、海外旅行をする日本人も依然多い。そのような状況から、旅行業界の専門知識と英語力を併せ持った人材が求められています。観光英語検定試験は、旅行、観光、ホテル、レストランなどの旅行関連業に必要な専門知識や、専門用語に精通したプロを認定する資格です。

空港やホテルなどのチェックイン、チェックアウトの際の専門用語など、観光に的を絞った試験内容になっているのが特徴です。レベルは1〜3級に分かれており、2・3級は1次試験のみ。2級では日常会話および、基本的な観光に関する英語が出題されます。また、1級は旅行代理店業務に関する専門知識のほか、世界の国々の文化・習慣が試験の範疇です。1級のみ、スピーキングの2次試験が実施されます。

資格に対する業界内の認知度は高く、2級以上を取得しておけば、旅行代理店業務やツアーコンダクターへの就職時にアピールできます。

受験資格 制限なし

年齢や経験による制限は特にない。

学び方 テキスト
など

主催団体ではリスニングCD・テープ、試験解説書を販売している。

取得期間の目安 本人しだい

合格するためには、旅行関連業界に関する専門知識と英語力の両方が必要。

受験費用 4000円
(2級)

ほかは1級1万円、3級3000円となっている。個人の申し込みは通常6月上旬から9月上旬。

試験時期 年1回

1次試験は、秋に全国主要都市で行われ、1級の2次試験は、年末ごろに大阪と東京で実施される。2005年度1次は10月30日(日)。

合格率 48.3%
(2級)

2004年度の合格率。その他の合格率は、1級49.5%、3級58.1%となっている。

取得者の傾向

旅行業界への就職をめざす学生や、同業他社への転職を考える旅行業界人など、明確な目的を持った人たちが多い。



←戻る



Copyright © 2005 稼げる資格・特技の大辞典 All right reserved.
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO