Topスポーツの資格>小型船舶操縦士
Contents
資格ジャンル別
語学系資格
PC・情報処理系資格
企業内スペシャリスト資格
国際ビジネス関連資格
独立・開業できる資格
結婚・出産後に強い資格
医療・福祉関連資格
調理・料理の資格
インテリア・建築関連資格
設備・施工の資格
自然・動物関連資格
スポーツの資格

小型船舶操縦士


沖釣り案内代、一人につき

8000円〜1万円

主催団体・・・(財)日本海洋レジャー安全・振興協会 特定事業本部

ダイビングの仕事などとうまく組み合わせれば収入アップ


免許を取得するためには、海技従事者国家試験に合格することが必要です。免許の種類は船の大きさと航行区域の違いで1〜5級小型船舶操縦士と湖川小馬力5級小型船舶操縦士の6種類があります。若い人のマリンスポーツ熱が高まる中で、女性のチャレンジャーも増えてきています。

1・2級は、総トン数20トン未満の船が対象になります。1級の航行区域は無制限で、2級は川や湖、湾などの平水区域と、海岸から5海里(約9キロメートル)まで。さらに2級には、航行区域を湖や川などの内水面と指定された一部の海域に、エンジンの出力を15キロワット未満に限った「湖川小出力限定」もある。特殊は水上オートバイ専用で、ボートには乗れません。逆に1・2級を持っていても、特殊を持っていなければ水上オートバイには乗れません。手漕ぎボートやディンギー(小さなヨット)は免許不要。

受験資格は、2級2二級(湖川小出力限定)、特殊が試験開始の前日までに15歳9カ月以上、1級が17歳9カ月以上であること。身体検査、学科試験、実技試験がある。試験開始日の20日前から7日前までに申請します。


受験資格 15歳9カ月以上

2級と2級(湖川小出力限定)、特殊の場合。1級は17歳9カ月以上。免許が取得できるのは前者が16歳、後者が18歳に達してから。

学び方 スクール

教習日数や費用はスクールによって若干異なるが、2級と2級(湖川小出力限定)、特殊なら、だいたい3日以内で修了する。

取得期間の目安

1週間〜20日程度

2級(湖川小出力限定)と特殊以外は、実技試験を別の日に行うので、免許交付までに20日程度かかる。

受験費用 2万4800円
(二級)

二級を受験する場合、身体検査3200円、学科試験3000円、実技試験1万8600円。学科試験と実技試験の手数料は種類によって異なる。

試験時期 毎週1回
程度
(1・2級)

原則的に1・2級の学科試験は毎週1回。実技試験は指定された日。湖川小出力限定・特殊は学科と実技が同日。

合格率 未公表

すべての級を含めておおよそ8〜9割と考えられる。

取得者の傾向

2級や特殊は若い世代が比較的多く、20代が中心。級が上がるほど年齢層は高くなり、1級はほとんど30代以降。女性の割合も増えてきている。



←戻る



Copyright © 2005 稼げる資格・特技の大辞典 All right reserved.
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO