Top医療・福祉関連の資格>国立音楽院認定音楽療法士
Contents
資格ジャンル別
語学系資格
PC・情報処理系資格
企業内スペシャリスト資格
国際ビジネス関連資格
独立・開業できる資格
結婚・出産後に強い資格
医療・福祉関連資格
調理・料理の資格
インテリア・建築関連資格
設備・施工の資格
自然・動物関連資格
スポーツの資格

国立音楽院認定音楽療法士

福祉施設などでセッションを行う場合の1回の報酬
2500円〜1万円
主催団体・・・国立音楽院

ストレスの多い時代が求める、音楽療法のプロフェッショナル


ヒーリングミュージックやマタニティミュージックが注目を浴びるなど、音楽は日常のストレスから起こるさまざまな症状を解消し、心身をリラックスさせるのに効果的だと言われています。国立音楽院認定音楽療法士は時代が要請する音楽療法のプロとして、障害児(者)や高齢者、一般の人が抱える心因性ストレスによる不安や恐怖、悩みや苦痛などを音楽療法によって癒すことを目的に、幅広い分野での活躍をめざします。

資格の認定を受けるには、国立音楽院の音楽療法学科で音楽療法士(ミュージックセラピスト)として必要なカリキュラムを学ぶ。具体的には、「ミュージックセラピーとは何か」という音楽療法に関する一般常識や音楽療法基礎概論、音楽療法史、心理療法、カウンセリング法、小児・老人医学、精神学のほか、即興演奏法や絵画・造形・遊戯など、音楽療法に要求される多岐の課程を学び、技能を身につけます。卒業後は、福祉関連施設や病院などで音楽やリトミックを活かしながら、音楽療法を必要とする心身障害児(者)や高齢者、ストレスに悩む人たちの心を癒すためのミュージックセラピーやリトミックセラピーを行うのが一般的。国立音楽院では、介護予防のための音楽療法やリトミックのプログラムを事業化したり、NPOを設立して、認定音楽療法士の活動支援も行っています。

受験資格 国立音楽院在校生

音楽療法学科で、音楽療法士認定に必要な授業(講座・実習・演習など)を受ける。

学び方 国立音楽院

国立音楽院の入学選考料は、2万5000円。入学資格は、音楽を勉強したいという意志のある人。

取得期間の目安 2年

国立音楽院在学中に音楽療法分野から40単位以上のカリキュラムを履修する。

受験費用 特になし

卒業試験の受験料、資格認定料は授業料に含まれる。2年間の授業料は177万円(入学費・設備費など含む)。

試験時期 国立音楽院卒業時

本人の申請により、卒業時に認定される。

合格率 ほぼ100%

在学中に、資格認定に必要な単位を取得し、規定回数以上の音楽療法実習に出席すれば、ほぼ全員が認定される。

取得者の傾向

もともと音楽を聴いたり、演奏したりするのが好きな学生や社会人。将来、ミュージックセラピーのスキルを身につけた心理カウンセラーとしての独立をめざす人も。



←戻る



Copyright © 2005 稼げる資格・特技の大辞典 All right reserved.
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO