TopPC・情報処理系資格>マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー
Contents
資格ジャンル別
語学系資格
PC・情報処理系資格
企業内スペシャリスト資格
国際ビジネス関連資格
独立・開業できる資格
結婚・出産後に強い資格
医療・福祉関連資格
調理・料理の資格
インテリア・建築関連資格
設備・施工の資格
自然・動物関連資格
スポーツの資格

マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー

スクールのインストラクターとして働くと時給
1800円〜
主催団体・・・マイクロソフトMOT事務局

インストラクターとして活躍が期待されるエキスパート資格


マイクロソフト製品に関する製品知識、実技スキルに関する試験に合格し、インストラクションスキル習得のためのプレゼンテーショントレーニングを受講後、マイクロソフトからスキルを認定された人に贈られる称号がMOTです。

MOT取得には以下の2科目、「MOT Essentials」、「実技試験」の試験に合格することと、「Train the Trainer for MOT」を受講する必要があります。この受験と受講に順番の指定はないので、自分のスケジュールに合わせて対応できます。「MOT Essentials」は、トレーナーとして必要な知識を習得しているかが試され、「Excel 2003」「Word 2003」「Access 2003」「PowerPoint(R) 2003」が試験科目となります。実技試験では、製品単位で行われるマイクロソフト オフィス スペシャリストに「MOT合格レベル(セクション分析の全項目において正答率50%以上)」で合格しなければなりません。また、スペシャリストレベル/エキスパートレベルが設けられている製品は、いずれの製品も「MOT用合格レベル」で合格することが必要となります。

「Train the Trainer for MOT」とは、トレーナーとして活躍するための基礎知識、技法、マナーなどを学ぶトレーナー養成講座で、このトレーニングを受講することにより、経験者はもちろん未経験者もトレーナーとしての必要最低限の知識を身につけることができます(既MOT資格取得者は受講免除)。

MOTは、単に各製品の機能や操作の説明だけでなく、パソコンユーザーが実践的に活用できるようにコンサルティングしていく資格です。それゆえ、パソコンスクールやビジネスシーンでの需要は高く、講師やインストラクターとして、また企画や商品のプレゼンテーターとして、さまざまな分野で活躍が期待できるでしょう。


受験資格 規約の
同意など

MOT規約に同意していることのほか、個人のe-mailアドレスを所有していること(携帯電話などのアドレスは使用不可)。

学び方 MOTトレーニングセンター

MOTトレーニングセンターでは、マイクロソフトMOT認定トレーニングが開講されている。

取得期間の目安 6カ月〜

まずマイクロソフト製品に精通しておくことが大切である。

受験費用

9450円

MOT Essentialsでは、1科目につき9450円必要。

試験時期 随時

全国各地の各テストセンターで随時行われている(MOT Essentialsの場合)。

合格率 未公表

合格率、受験者数などは公表されていない。

取得者の傾向

マイクロソフト製品のスペシャリストを志向するインストラクターや、社内パソコン指導者など、さまざまな職種の人が志望している。



←戻る



Copyright © 2005 稼げる資格・特技の大辞典 All right reserved.
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO