Topスポーツの資格>スクーバダイビング・インストラクター
Contents
資格ジャンル別
語学系資格
PC・情報処理系資格
企業内スペシャリスト資格
国際ビジネス関連資格
独立・開業できる資格
結婚・出産後に強い資格
医療・福祉関連資格
調理・料理の資格
インテリア・建築関連資格
設備・施工の資格
自然・動物関連資格
スポーツの資格

スクーバダイビング・インストラクター


非常勤の場合、日給

約2万円〜

主催団体・・・PADIジャパン

海の魅力が何よりの「報酬」。ショップ開業などで高収入も望める


水中での激しい動きをしないのが、スクーバダイビングの基本です。競泳ではないので、タイムや距離などは無関係に楽しめます。講習で正しい知識とテクニックを学び、自立したダイバーの証であるPADI・Cカードを取得すれば、水中世界への第一歩が踏み出せます。

代表的な団体はPADIやNAUIなどで、指定のインストラクター開発コースを修了し、インストラクター試験に合格すれば資格が得られます。日本ではPADIの資格取得者が最も多く、約6300名のインストラクター数を誇る。世界での認定数シェアも約60%で、インストラクター数、Cカード取得者数ともにトップクラスだ。PADIの場合、全世界共通の指導カリキュラムで、インストラクターになるためには、インストラクター開発コース修了者で、100ダイブ以上の経験が必要となります。インストラクター試験は2日間。「規準と手続き」「一般潜水理論(5科目)」をテーマにした筆記試験や、水中でのデモンストレーション能力・プレゼンテーション能力・トラブル対応力・レスキューテクニックについての専門的なスキルチェックなどをすべてクリアしなければなりません。

また、近年になり、国際的に活躍する人材が増えるなど、インストラクターの業務に注目が集まるなか、日本国内で業務を行う人たちのあいだでは国家資格である潜水士試験を受ける人が増加しています。活躍の場は、スクールやショップでの指導が主。高収入を得るためには開業が近道。

受験資格 18歳以上

ただし、Cカード(ダイバーの認定証)を取得後半年以上の経過、100ダイブ以上の経験、指定のコースを修了するなどの規定がある。

学び方 スクール

一般的には各スクールでCカードの資格を取得後、ステップアップコースを受講していき、指定のインストラクター開発コースを受講。

取得期間の目安

半年〜

最短でも半年。経験がものをいう世界だけに、インストラクターになるまでの経験をじっくりと積むべき。

受験費用 7万3500円

PADIインターナショナル主催の試験料。このほかにダイビング器材、各ランクへステップアップするためのコース受講料、教材は別途必要。

試験時期 随時

入門レベルのオープンウォーターダイバーコースからレベルアップのコースを受講し、インストラクター開発コースを経て試験に挑む。

合格率 約90%
(PADI)

PADIの場合、各コースでの達成条件をクリアし、養成コースでしっかり学んでいればほぼ大丈夫。

取得者の傾向

男女比は7:3。20代〜35歳ぐらいが受講生の中心。年々女性や中高年も増加している。潜水士の資格も取得する人が多くなっている。



←戻る



Copyright © 2005 稼げる資格・特技の大辞典 All right reserved.
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO