Top調理・料理の資格>調理師
Contents
資格ジャンル別
語学系資格
PC・情報処理系資格
企業内スペシャリスト資格
国際ビジネス関連資格
独立・開業できる資格
結婚・出産後に強い資格
医療・福祉関連資格
調理・料理の資格
インテリア・建築関連資格
設備・施工の資格
自然・動物関連資格
スポーツの資格

調理師

調理師の年収
300万〜2000万円程度
主催団体・・・各都道府県の衛生主管課

資格を取ってからが本当の修行。超一流なら年収2000万円も


外食産業の発展で、腕のよい料理人はどこへいってもひっぱりだこ。おいしい料理を作れるだけでなく、見た目の美しさや独創性も肝心です。

調理師の免許を取るには、厚生労働大臣指定の養成施設で学ぶ(昼間1年、夜間1年半)方法と、国家試験に合格する方法の2つがあります。学校に通わず、直接国家試験を受けるには、2年以上の実務経験が必要。試験科目は衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、調理理論、そして99年度より食文化概論が加わり、7科目となっています。

しかし現場では、調理師の資格を取得してからが、本当の修行。あくまで資格取得はスタートラインです。収入にしても、最初は月に14万円〜15万円ほど。その後、実力をつけ収入アップしていきます。一流のレストランや料亭でトップに立つ調理人なら、年収1000万円〜2000万円も十分可能です。また、独立して飲食店のオーナーになる場合には、調理の技術はもちろん、マーケティング的な視点を持ったメニュー作りや店の雰囲気作り、出店計画といった経営ノウハウも必要となってきます。

受験資格 実務経験を有するもの
飲食店、魚介類販売、または学校・病院・料などの給食施設などで2年以上調理業務に従事したもの。(直接国家試験を受ける場合)
学び方 調理師養成施設入校か実務経験 厚生労働大臣指定の調理師養成施設で1年間(昼間の場合。夜間は1年半)学ぶ。国家試験を受ける場合は、2年以上の実務経験が必要。
受験費用 6100円
学費は養成施設ごとに異なる。
試験時期 -
各都道府県により異なる。
申込期間 各都道府県により異なる
合格率 50〜60%
(東京都の場合)
(社)東京都食品衛生協会では、本試験前に準備講習会を開催している。この講習会を受講すると、合格率は75〜85%。
取得者の傾向 一流ホテル、有名レストラン、日本料理店などに入社する場合、調理師資格が必須条件となっているケースが多い。また、調理人としてのグレードアップのために受験する人も多い。


←戻る



Copyright © 2005 稼げる資格・特技の大辞典 All right reserved.
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO